DAIGOJITEN

京都・醍醐寺展 真言密教の宇宙 公式サイト|2018年9月19日(水)〜11月11日(日)サントリー美術館|2019年1月29日(火)~3月24日(日)九州国立博物館

DAIGOJITEN
TOKYO FUKUOKA
重要文化財 如意輪観音坐像 平安時代
TOKYO FUKUOKA
INTRODUCTION

深遠な密教美術の宇宙へ

ダミー深遠な密教美術の宇宙へ
京都の山科にある醍醐寺は、 真言密教のうち、 特に加持祈祷や修法などの実践を 重視する寺として発展しました。 本展は国宝・重要文化財の 仏像や仏画を中心に、 貴重な史料・書跡を通じて、 平安時代から近世にいたる 醍醐寺の変遷をたどるものです。 密教の世界観を表す 重厚な密教美術のほか、 豊臣秀吉が行った 「醍醐の花見」の関連作品や、 俵屋宗達による屏風など、 華やかな近世美術も鑑賞できる 貴重な機会となります。
国宝 文殊渡海図(部分) 鎌倉時代
NEWS
  • 2018.03.22展覧会ホームページ開設
NEWS
国宝 三国祖師影 鎌倉時代
OUTLINE
会場

サントリー美術館

〒107-8643 東京都港区赤坂9-7-4 TEL. 03-3479-8600

http://suntory.jp/SMA/

会期 2018年 9月19日(水)〜11月11日(日)
主催 総本山醍醐寺、サントリー美術館、日本経済新聞社、テレビ東京、BSジャパン
会場

九州国立博物館

〒818-0118 福岡県太宰府市石坂4-7-2
NTTハローダイヤル 050-5542-8600(午前8時~午後10時/年中無休)

http://www.kyuhaku.jp/

会期 2019年1月29日(火)〜3月24日(日)
主催 総本山醍醐寺、九州国立博物館・福岡県、TVQ九州放送、西日本新聞社、日本経済新聞社、BSジャパン
HIGHLIGHTS

国宝36件、重要文化財60件貴重な寺宝を一挙公開!

九世紀後半の開山以来千百年余。醍醐寺の歴史を示す約十五万点の寺宝から、選りすぐりの名宝約一二〇件が展示されます。かつて上醍醐に鎮座していた薬師堂の本尊薬師如来坐像(国宝、平安時代)や優麗な如意輪観音坐像(重要文化財、平安時代)などの傑作をはじめ、絵画、書跡、工芸など醍醐寺に伝わる名品が一堂に会する貴重な機会です。

国宝 薬師如来坐像 平安時代
国宝 薬師如来坐像 平安時代
重要文化財 如意輪観音坐像 平安時代
重要文化財 如意輪観音坐像 平安時代
国宝 訶梨帝母像 平安時代
国宝 訶梨帝母像 平安時代
国宝 大日経開題 空海筆 平安時代
国宝 大日経開題 空海筆 平安時代

深遠な密教美術の宇宙を体感!

空海によって日本にもたらされた密教は、様々な願いに応じる修法(儀式)などそれまでの日本仏教に無い要素により、当時の朝廷や貴族から信仰を集めます。空海直系の弟子である理源大師聖宝が開祖である醍醐寺は、その中核寺院の一つとなりました。寺内に伝わる曼荼羅図や法具のほか、神秘的かつ大迫力の密教美術の数々から、真言密教の宇宙にふれていただきます。

国宝 五大尊像のうち不動明王 鎌倉時代
国宝 五大尊像のうち不動明王 鎌倉時代
重要文化財 五大明王像のうち不動明王 平安時代
重要文化財 五大明王像のうち不動明王 平安時代
重要文化財 不動明王図像 鎌倉時代
重要文化財 不動明王図像 鎌倉時代

醍醐寺の繁栄と為政者との関わりを紹介!

醍醐寺は創建期から天皇、貴族、そして台頭する武士の帰依を受けてきました。足利尊氏を支えた賢俊、室町幕府の足利義満ら三人の将軍から信任された満済、応仁の乱の荒廃後に豊臣秀吉から手厚い保護を受けた義演など醍醐寺の歴代座主は時の為政者との深い関わりを持ちました。寺内に伝わる多数の縁の品々を紹介すると共に、現代の醍醐寺の姿への変遷をたどります。

豊臣秀吉像 江戸時代
豊臣秀吉像 江戸時代
重要文化財 醍醐花見短冊 安土桃山時代 慶長三年(一五九八)
重要文化財 醍醐花見短冊 安土桃山時代 慶長三年(一五九八)
金天目・金天目台 安土桃山時代
金天目・金天目台 安土桃山時代
重要文化財 扇面散図屏風 俵屋宗達筆 江戸時代重要文化財 扇面散図屏風 俵屋宗達筆 江戸時代
重要文化財 扇面散図屏風 俵屋宗達筆 江戸時代
【画像提供】奈良国立博物館
重要文化財 如意輪観音坐像 平安時代 (撮影:森村欣司)
国宝 文殊渡海図 鎌倉時代 (撮影:佐々木香輔)
国宝 三国祖師影 鎌倉時代 (撮影:佐々木香輔)
国宝 薬師如来坐像 平安時代 (撮影:佐々木香輔)
国宝 訶梨帝母像 平安時代 (撮影:佐々木香輔)
国宝 五大尊像のうち不動明王 鎌倉時代 (撮影:佐々木香輔)
重要文化財 不動明王図像 鎌倉時代 (撮影:佐々木香輔)
豊臣秀吉像 江戸時代 (撮影:佐々木香輔)
重要文化財 扇面散図屏風 俵屋宗達筆 江戸時代 (撮影:佐々木香輔)
金天目・金天目台 安土桃山時代 (撮影:佐々木香輔)
【画像提供】醍醐寺
国宝 大日経開題 空海筆 平安時代
重要文化財 五大明王像のうち不動明王 平安時代
重要文化財 醍醐花見短冊 安土桃山時代 慶長三年(一五九八)